実家の排水作業と帰京

最終更新日時:2018-07-11 23:50

初版公開日時:2018-07-11 23:50

タグ: diary


7/9に北広島のホテルを出たあと、買い物をして実家のある旭川に帰省してきました。旭川への帰省は昨年のOSC北海道以来でしょうか。


7/10は天気に恵まれず雨だったため実家に引きこもっていたのですが7/11になると半地下の車庫に水我たまり数センチ水没する自体になってしまいました。母親からの指令で水をバケツで書き出せとの指示があり、父親と強力して2時間ほどしてなんとか排水しました。かなりの重労働です。聞くところ昨年から過去4,5回あったようで近年雨量が増えたため排水設備の容量をオーバーしたようです。日本全体が暑くなってきていますが、北海道も台風でJRの線路が流されたりしていますので今までの常識が通じなくなってきている感じがします。


昼食に回転寿司を食べて北海道の最後の食事を楽しみ、夕方帰京しました。東京は蒸し暑く、ついに本格的に夏がきた感じです。


二週間後にはDebConf18のため台湾へ行きます。北海道の旅行は排水作業もありへばってしまいましたが、台湾は8泊9日と長いです。30代になり体力面は若干の低下を感じる今日この頃です。さて、台湾行きの準備をしつつお仕事していきましょう。



auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com


最近の更新記事