HP EliteDesk 800 G2 DM

最終更新日時:2019-07-14 22:22

初版公開日時:2016-06-16 18:08

タグ: hardware hardware_inuse pc


裏作業を行うwindowsマシンとして2016年6月に購入しました。HPは東京で組み立てしていますので、注文から納品まで本当に1週間で到着しました。


常時起動マシンとして、Hyper-Vサーバ、裏作業、Officeファイル編集用として利用しています。


元々Intel NUC(N2830)を裏作業マシンにしていたのですが、CPUが遅すぎる、メモリスロットが1つしかない、OSはWindows10の時代に進んでいる、ということでそろそろ古い資産にしがみつくのでなく、新調することにしました。


【2019-04-05変更】skylakeなCeleronは省電力で性能もそこそこということで購入したのが最初です。しかし、いつの間にかメモリ大容量化、Hyper-Vで仮想マシンが動き出す、コンパイルする、など使い方が荒くなってきました。そのため、CPUをCore i5に変更しました。


【2019-04-27更新】HPのハードウェアスキャンを行うと128GBのSSDは消耗レベル170%という結果が出るようになってきました。若干動作が重いような気はしていましたし、SSDの128GBは容量が少ない分ウェアレベリングで散らすフラッシュの搭載枚数が少ないため寿命は短いと思っていました。24時間連続稼働して3年経つため、別マシンのお下がりのSSDに入れ替えました。入れ替えたCT250BX100SSD1のTBWは75TBで、10.5 TBをすでにWriteしているようですので数年は持ちそうな気がします。


【2019-07-14更新】リソースの使い方が多くなったため仮想マシンの起動数が増えてきました。メモリが16GBだと心細くなってきたため、ProDesk 400のメモリ32GBと交換することにしました。そのため、このEliteDeskがメモリ32GBになりました。


スペック

  • CPU

    • Intel Core i5 6500T (Skylake)

    • 初期出荷時は、Intel Celeron G3900T (Skylake)

  • ディスク

    • Disk1: 250GB SSD(Crucial CT250BX100SSD1)

    • Disk2: PLEXTOR PX-G256M6e (M.2)

    • USB-HDD: 2TB(日立 DS723020BLA642)

    • 初期出荷時

      • 出荷時搭載はHDD 500GB HTS725050A7E630

  • メモリ

    • 32GB (SODIMM 16GBx2, DDR4-2666, Dual-channel)

    • (出荷時搭載は4GBx1。SKHynixチップ搭載)

  • チップセット

    • Intel Q170

  • 光学ドライブ

    • なし

  • グラフィック

    • Intel HD Graphics 510

  • ディスプレイ

    • なし(必要に応じてテレビへ接続)

  • サウンド

    • Realtek High Definition Audio

  • 有線LANカード

    • Intel Ethernet Connection I219-LM

  • 無線LANカード

    • なし

  • OS

    • Windows 10 Pro 64bit



auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com


最近の更新記事