初めての海外旅行で台湾へ行く(1)

最終更新日時:2018-07-28 23:30

初版公開日時:2018-07-28 23:30

タグ: diary event report


今日、人生で初めて海外旅行をする、ということで台湾へ来ています。目的はDebConf18に参加するためです。


朝、自宅を出発するわけですがあいにくの台風が接近していることもあり雨。スーツケースにゴミ袋をかぶせて雨をしのぎつつ旅は始まりました。


京成電鉄のスカイライナーに乗って成田空港へ向かいます。今回はお客さんが多いからなのか体制が変わったのか電車を降りて改札を通る前に身分証明書チェックはなかったです。成田空港で一緒に飛行機に乗りDebConf18に参加する方と待ち合わせてチェックイン、手荷物預け、セキュリティチェック、出国審査と行います。セキュリティチェックはX線のチェックが国内線より強力な全身チェックな機械で厳重です。出国審査は日本人なので特にお咎めなしで通過。その後免税店ゾーンを抜け搭乗口へ移動し、サクッと飛行機に乗ります。


ここまではスムーズだったのですが、成田空港の混雑と台風の影響でなかなか出発しない状況に。結局飛行機が動き出したのは定刻の50分遅れでした(しかし定刻に着いたのはすごいですよね)。

飛行機は機内食は初めてで、エコノミークラスなのでふむこんなものかな、というところです。ただ隣の女性が機内食で昼間からビールを頼んでいて、よく見るとワインもありました。エコノミークラスでも追加費用なしでアルコールって出てくるものなのですね。

その後機内で入国カードを記載し、ふむふむ、という感じです。台湾はすでに入国カードはweb化しているので記入しない手順も可能なのですが初めてですのでold styleでやってみました。


その後、飛行機を降りる時に日本に滞在しているDebian Developerの方と遭遇。偶然同じ飛行機だったようです。いろいろ世間話しましたが、日本語もできる方ですので英語のみでないためなんとか話すのはクリア。入国審査を終えて台湾へ入りました。

(つづく)



auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com


最近の更新記事