Lenove Thinkpad X220

最終更新日時:2018-11-10 10:32

初版公開日時:2014-09-27 18:05

タグ: hardware hardware_inuse pc


Thinkpad X220です。2014年秋に中古が24,800-で売っていたのでテストマシンとして購入しました。


テストマシンとしてはVAIO TZを使ってきたのですが、テスト動作用のデスクトップマシンを廃棄したためスペック不足に悩まされることになりました。sandybridgeですが、Haswellは省電力へ舵を切って35W製品のSKUが廃止になったためHaswell-15W SKU vs Sandybridge-35W SKUだと、性能だけみればあまり差はないように思います。


現在はテスト用マシンとしてkfreebsdを入れたり、一時的な仮想マシンを稼動させるなどの開発環境になっています。

/static/mypyapp2/images/thinkpad_x220.jpg

スペック

  • CPU

    • Core i5-2520M (2.50GHz)

  • ディスク

    • Transcend TS128GSSD360S (120GB)

    • notes) 元々はHGST HTS543232A7A384 (320GB)

  • メモリ

    • 8GB(4GB x 2,DDR3-10600, Dual Channel)

  • チップセット

    • Intel QM67

  • 光学ドライブ

    • なし

  • グラフィック

    • Intel HD Graphics 3000

  • ディスプレイ

    • 12.5インチHD液晶(TNパネル) 1366x768

  • サウンド

    • Conexant 20672 SmartAudio HD

  • 有線LANカード

    • Intel 82579LM Gigabit Network Connection

  • 無線LANカード

    • Intel Centrino Advanced-N 6205

  • OS

    • Windows 7 Pro SP1 32bit

    • Debian GNU/kFreeBSD unstable amd64



auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com


最近の更新記事