Debian GNU/kFreeBSD on ZFSでのgrub rescue

最終更新日時:2017-04-29 21:16

初版公開日時:2017-04-29 21:16

タグ: debian debian_kfreebsd


Debian GNU/kFreeBSDでgrubがエラーになり、rescue画面が出てきたときに起動させたときの備忘録です。 windows10のCreators UpdateでMBRが書き換わったようで、gurb rescue行きになりました。

環境は以下になっています。


  • Thinkpad X220

  • windows10とのデュアルブート

  • Debian GNU/kFreeBSD amd64, stretch なunstable

  • bootloaderは、MBR

  • パーティションは、(hd0,msdos4)がZFSのみ。

    • ZFS pool名はtank

    • 論理ボリューム tank/swapがスワップパーティション

    • 論理ボリューム tank/systemがルートパーティション(/boot含む)


insmod part_msdos
insmod zfs
set root=(hd0,msdos4)
set prefix=(hd0,msdos4)/system/@/boot/grub
insmod bsd
kfreebsd /system/@/boot/kfreebsd-10.3-0-amd64.gz
kfreebsd_module_elf /system/@/boot/modules/10.3-0-amd64/opensolaris.ko
kfreebsd_module     /system/@/boot/zfs/zpool.cache type=/boot/zfs/zpool.cache
kfreebsd_module_elf /system/@/boot/modules/10.3-0-amd64/zfs.ko
set kFreeBSD.vfs.root.mountfrom=zfs:tank/system
set kFreeBSD.vfs.root.mountfrom.options=rw
boot


auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com


最近の更新記事